水素水とは?水素水の種類を紹介します。

・水素水とは?

水素水は、分子水素を溶解させたと主張される水です。

無味・無臭・無色で、水素分子が水に溶けて水素イオンとなることはないので、水素分子がpHに影響することはありません。

・水素水の種類

1.還元水素水

還元水素水とは、アルカリイオン化した水素水のことです。還元水素水は、老化の原因となる体の中の活性酸素を抑制して新陳代謝を促し、喘息やアトピー性皮膚炎を軽減するなどの効果もあります。

2.高濃度水素水

高濃度の水素水は、水素濃度を高めた水素水です。さまざまな形態の水素水が販売されていますが、効果を期待するなら、水素の濃度がはっきりと表示されたものがおすすめです。その目安として常温・常圧における水素飽和濃度1.6ppmを最高値として、探してみるのもひとつの方法です。

3.過酸化水素水

過酸化水素水を3%に薄めたものは、オキシドールとして良く知られ、傷の殺菌消毒薬に使われています。過酸化水素水の点滴で呼吸器疾患や循環器疾患の治療としてアメリカでは盛んに行われています。

4.活性水素水

水を電気分解するなどの形でエネルギーを与えると、活性水素が生まれます。活性水素は活性酸素とすぐに結びついて水になります。活性水素は原子の中で最も小さいため、体の細胞のすみずみまで行き届きます。

MY2-Link|英語上達の秘訣|相互リンク|住宅リフォーム総合情報|内職|生命保険の選び方|オーディオ|童話集|クレジットカードの即日発行じゃけん|全身脱毛どこがいい|全身脱毛 どこがいい|GetMoney|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|V20|