Menu

水素には還元作用があり、体内で発生する悪玉活性酸素と結びついて無害な水に変える働きがあります。水素を手軽に摂れるのが水素水です。水素水を日常的に摂取することで悪玉活性酸素から体を守ることができ、美容や健康に役立てることができます。

さまざまな水素水がありますが、選ぶポイントは濃度です。水素には質の良し悪しがないので濃度が大切です。濃度が濃いほど効果が期待できます。

一気圧では1.6ppmが飽和水素濃度で、これ以上水素を加えることが難しいといわれています。そのため、多くの水素水が1.6ppm以下の濃度です。

しかし、特殊な技術で1.6ppm以上の水素濃度を実現している水素水もあります。このような高濃度の水素水なら、水素水の効果が期待できます。

製品に記載されている水素水濃度は多くの場合充填時の濃度です。水素は保管中に容器から抜け出てしまうため、水素濃度が下がっていきます。充填時の水素濃度が高くても、保管中に水素が抜けて水素濃度が下がっている可能性があるので、どれくらい水素を保持できるかも確認しましょう。